専門科目(その他)

あおぞら動物病院では、各分野のエキスパートを招致して、それぞれに応じた診察や診断・手術を行っており、おそらく栃木県、北関東では、他に類を見ない動物病院ではないかと思います。
動物のことならどんな些細なことでも、お気軽にご相談下さい。また、他の病院からの診察も受付けています。 なお、診察には、予約が必要となります。


軟部外科・腫瘍外科

口蓋裂や難治性の会陰ヘルニア、難治性横隔膜ヘルニア、皮膚形成など難易度の高い手術を専門医・中島尚志先生(HJS代表及び手術屋)を招致して行っています。
また、複雑な腫瘍の摘出も行っています(肝ガン、前立腺ガンなど)。
中島先生リンク:HJS (Hyper Joint Seminar)

呼吸器科・腫瘍内科

日本獣医生命科学大学放射線学教室教授藤田道郎先生を招致し、レントゲン写真を読影していただき診断を行っています。
リンク:日本獣医生命科学大学放射線学教室


腹部・心エコー(カラードップラー)検査

一般エコー検査は随時行っております。(担当医は洲崎です)

また月に1回、循環器専門医・岩永孝治先生(東京動物心臓病センター長)を招致して、心臓のエコー診断を行っています。
※複雑な疾患や難治性の心疾患に対しても、正確な診断・正しい治療を受ける事ができます。gs2リンク:東京動物心臓病センター


内分泌科・腫瘍科

月に2回、午後6時~ 専門医・平田雅彦先生(アイデツクスラボラトリーズ病理診断医)による検査・診察を行っています。
※抗ガン治療、外科治療を詳しく分かりやすく説明しています。
gs4リンク:IDEXX Laboratories, Inc


皮膚科

毎月1度、専門科目の皮膚科の診療を担当しています。
難治性皮膚疾患や、他院からのセカンドオピニオンを受けていただいています。8-10-5

リンク:IDEXX Laboratories, Inc


麻酔医

毎月1度、難易度の高い手術や高齢動物や基礎疾患を持つ動物の手術の麻酔を担当してもらいます。
長濱先生の麻酔により安全な手術を受けることが出来ます。gs3日本動物麻酔科医協会代表理事
小動物麻酔鎮痛サポート代表(リンク:http://www.j-vas.com/
岐阜大学客員准教授


画像診断医

毎月1度、腹部エコー研鑽CT、MR検査診断専門医です。難しい検査画像の診断の評価や的確なアドバイスを頂いています。1130-1

目黒どうぶつ画像診断センター センター長(リンク:http://sky-vets.com/madic